Hakusan International School

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。 海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。

Competence / 実力 Confidence /自信 Independence /自立
About Our School
Hakusan International School is the only primary and secondary school in the region with English as the medium of instruction and administration.
We prepare young people to enter the world of the 21st century with competence, confidence, and independence.  Hakusan International School has full-time, part-time, and specialized programs focused on students aged five to fifteen.  We are independent of any national or religious affiliation, and welcome families of any background.
Please contact us if you would like more information, and if you would like to visit the school.

Information in English(英語)
http://www.hakusaninternationalschool.com/ 

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。
海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。
当スクールでは、開校当初から 『21世紀型教育』と言われる探究型学習、体験型授業を取り入れ、受け身ではなく常に生徒主体の授業を行っています。

ホームスクールのように小さい学校ですが、その良さを十分生かし少人数制のクラスで、子供たち一人一人の個性と人格を大切にし、きめ細やかな指導を行っております。

カテゴリ: Alumni News(同窓生)

昨日は、とても懐かしいご家族が大阪からスクールを訪問して下さいました。

2007年3月まで、当スクールの全日制プログラムで学び、その後兵庫県にある芦屋インターナショナルスクールに編入したHaruちゃん、Satoちゃん姉妹、そしてご両親です。

昨年の夏にもスクールに来ていただきましたが、ちょうど1年ぶりの再会でした。

Haruちゃんは、昨年の秋学期から当スクールの通信教育プログラムを受講し、芦屋インターとの両立により着実に実力をつけています。

そして妹のSatoちゃんもこの秋学期から、通信教育プログラムを受講することになりました。

また来年1月にはお父様の転勤でご家族は中国へ行くことになり、Haruちゃん、Satoちゃんは現地のインターナショナルスクールに編入することになりました。

二人にとっては初めての海外在住ということになりますが、現地での様々な経験を通して幅広い視野を持った子供たちに成長してくれることを心から願っています。

このように当スクール出身の子供たちが、スクールで培った自信・実力・自立をもって、国内外問わず元気に活躍してくれることは国際教育に携わる私たちにとって大きな喜びと励みになります。

今年もご両親から現在在学中の芦屋インターナショナルスクールでの二人の様子や、ポートフォリオなどを見せていただきましたが、その素晴らしい成長に私たちもとてもうれしく思いました。

この9月からHaruちゃんは、5th Gradeに、Satoちゃんは 3rd Gradeにそれぞれ進級します。

この日、土曜スクール在学中のYukiちゃん、そして6月から7月までスクールのアシスタントをしてくれたアメリカ在住のMiaちゃんとMakotoくんも参加し、HaruちゃんとSatoちゃんを迎えて、特別セミナーをしました。

イメージ 1


"Keeping pets is good."をテーマに、チームに分かれてディべートをしました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


その後みんなでカードゲームをしたりと5人の子供たちはとても楽しい時間を過ごしていたようです。

イメージ 5




土曜スクールを卒業し、現在中・高校生特別セミナーで学んでいる小松高校1年のYuくんは

今月11日(水)に金沢で行われる高校生の英語暗唱コンテストに参加します。

Yuくんは、土曜スクール在学中の中学生の頃からこのようなコンテストに積極的に参加することにより、英語に対する自信と実力を着実に身につけているようで、これからの活躍がとても楽しみです。

今回のコンテストでYuくんは、アメリカ史における人種差別と公民権運動を理解する上でも重要な演説とされるMartin Luther King, Jr.の “I have a dream.” を発表します。

先日からのセミナーでも実際にリハーサルをしながら、原稿の内容についてMr. Elwellと相談したり、発音や抑揚などの指導を熱心に受けていました。

イメージ 1

イメージ 2


この “I have a dream.”ですが、その内容の素晴らしさから日本では中学校、高等学校などの英語の教材として用いられることもあるそうです。

Yuくんは土曜スクールに在学中の2007年11月石川県南加賀地区中学校英語弁論大会でもこれを発表し、優勝した経験があります。

今回はもちろん当時発表した内容に比べてより深く詳しいものになっていますが、以前の貴重な経験を積み重ねてきたYuくんなので、きっと素晴らしい成果を見せてくれるでしょう☆

健闘を祈ってます!

2007年3月まで、当スクールの全日制スクールで学び、2007年4月、兵庫県にある芦屋インターナショナルスクールに編入合格したHaruちゃん、Satoちゃん姉妹。

当スクールに入学した当時はまだ4歳だったSatoちゃんも、今はもう7歳。

7月には大阪からご家族とともにスクールを訪問してくれたのですが、成長したSatoちゃん、Haruちゃんに久しぶりに会うことができて、私たちも二人を指導していた当時を思い出し、とても懐かしくうれしく思いました。

当時から姉のHaruちゃんとともに当スクール(全日制スクール)での様々なカリキュラムにも意欲的に取り組み、5歳とは思えないくらいの実力と自信を身につけていました。

現在在学中の芦屋インターナショナルスクールでも、二人はとてもがんばっているようですね。

当スクール在学中から、とても独創的で楽しい英語のオリジナルストーリーを書いては、私たちを楽しませてくれたSatoちゃん、Haruちゃんでしたが、先日Mr.Elwell宛に、Satoちゃん自らが書き上げたという素晴らしいStoryを送ってくれました。

とても美しい筆記体で書いてくれましたので、ご紹介します。


To Mr.Elwell

Hello. How are you? I'm fine.
On winter, many people are sick.
But I hope you are not sick.
On Dec.17,I made a story.
Please read my story.

From Sato

イメージ 1



2006年8月から当スクールの中・高校生のための特別セミナーで学んでいたEmmaちゃん(15歳)

今年3月にオーストラリアの名門 Kilmore International School の受験に見事合格し、

2009年2月から高等部への入学のため、昨日22日オーストラリアへと旅立ちました。

中・高校生のための特別セミナーでも、とても意欲的にがんばってきたEmmaちゃん、

オーストラリアでも身につけた実力と自信を持って活躍してくれることを心から願っています。


Kilmore International Schoolにつきましてはこちらをご覧下さい。     

昨日の土曜スクール モーニングクラスの子供たちは、今年の5月にご両親とともにアメリカへ引っ越したKanakoちゃん、Ryoくん姉弟と、Skypeとウエブカメラで再会することができました。

ちょうど現地時間21日はKanakoちゃんのお誕生日だったこともあり、子供たちはみんなでHappy Birthdayの歌を合唱してお祝いしました♪

スクールの子供たちも、KanakoちゃんやRyoくんも、久しぶりの再会に何となく照れくさそうな様子でしたが、アメリカでの学校生活のことやお友達のことを英語で質問したりして、楽しいひとときを過ごしていました。

Kanakoちゃん、Ryoくんのご両親の暖かいご厚意でご自宅のキッチンやリビングの様子などもウエブカメラで見せていただくことができました。

リビングには早くも大きなクリスマスツリーが美しく飾られていました♪

またミドルスクールに通うKanakoちゃんは学校の数学の教科書を見せてくれました。

日本の教科書より大きくて、表紙も色鮮やかで楽しそうな教科書に見えましたね。

Yasuhiroくんの ”Do you like math?” の質問にKanakoちゃんは、”Yes, I like math!!” と元気に答えていたのがとても印象的でした。

また、お母様からRyoくんの小学校のこれまでの英語のスペリングのテストを見せていただいたのですが、ずっと120点満点をとり続けているそうで、がんばっているRyoくんに私たちも本当にうれしく思いました。

Kanakoちゃん、Ryoくんからは、アメリカでの学校生活をとても楽しく過ごしている様子が伝わってきました。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

↑このページのトップヘ