Hakusan International School

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。 海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。

Competence / 実力 Confidence /自信 Independence /自立
About Our School
Hakusan International School is the only primary and secondary school in the region with English as the medium of instruction and administration.
We prepare young people to enter the world of the 21st century with competence, confidence, and independence.  Hakusan International School has full-time, part-time, and specialized programs focused on students aged five to fifteen.  We are independent of any national or religious affiliation, and welcome families of any background.
Please contact us if you would like more information, and if you would like to visit the school.

Information in English(英語)
http://www.hakusaninternationalschool.com/ 

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。
海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。
当スクールでは、開校当初から 『21世紀型教育』と言われる探究型学習、体験型授業を取り入れ、受け身ではなく常に生徒主体の授業を行っています。

ホームスクールのように小さい学校ですが、その良さを十分生かし少人数制のクラスで、子供たち一人一人の個性と人格を大切にし、きめ細やかな指導を行っております。

March 2016

保護者の皆様へ

平素はスクールの活動にご理解、ご協力いただきまして真にありがとうございます。

さて、1月4日から始まりました2016冬学期インターナショナルプログラムも、下記のとおりプレゼンテーションをもちまして終了いたします。

今学期学習した教科やアクティビティなどを中心に、子供たちがそれぞれの学習成果を発表いたしますので、ぜひご参観下さいませ。

2016全日制スクール 冬学期プレゼンテーション

日程:3月23日(水)、3月24日(木)、3月26日(土)

保護者参観時間につきましては、別紙(冬学期プレゼンテーションのお知らせ)をご確認下さいませ。

2016アフタースクール、土曜スクール 冬学期プレゼンテーション

日時:3月26日(土)

モーニングセッション

保護者参観時間: 午前11時45分~午後12時30分

アフタヌーンセッション

保護者参観時間: 午後4時15分~午後5時

アフタースクール(月・水)生徒及び保護者の方は、午前11時45分~午後12時30分の時間帯においで下さい。


※冬学期のお子様の学習状況につきまして、懇談をご希望の保護者の方は日程を決めさせていただきますので、お早めにご連絡下さいませ。

※懇談日程につきまして、プレゼンテーション当日は混雑いたしますので、それ以外の日程をお選びいただきますようよろしくお願い致します。(尚、春休み期間中の懇談はいたしかねますので、ご了承下さいませ。)

以上、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

Hakusan International School
TEL: 0761-22-8951 FAX: 0761-51-3062      

3月に入りました♪

今日は、雪が降ってとても寒い一日になりそうですが、暖かい春はもうすぐですね!

今月は、いよいよ冬学期プレゼンテーション(ショー&テル)も行われます☆

子供たちは冬学期プレゼンテーションに向けて、それぞれのプロジェクトの準備を進めています☆

イメージ 1


こちらは、今日の全日制スクール授業風景の一コマです。

RichiくんとTowaくんが、3月のカレンダーに替えてくれました♪

イメージ 7

イメージ 8


今日も子供たちは、それぞれの教科学習や様々なアクティビティに取り組みながら、楽しく充実したスクール生活を過ごしています!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 9


Keitoくん(14歳)は、キンダーのTowaくんにジャーナルの書き方をアドバイスしてくれました♪

イメージ 6

※授業の様子はMiss Ohyamaのブログもご覧下さい。

当スクールでは、年齢や実力の違う子供たちが共に学び、生活することで、お互いに教え合ったり、助け合い、いたわり合いながら思いやりの精神を自然に身につけていくことが、大切な教育の一つであると考えます。

子供達が大人になり実社会に出た時、上下の年齢に関係なく人間関係を築いていかなければなりません。

そのためスクールでは年齢でクラスを分けることなく、縦割の教育方針をとっています。

昨年までは、年上のお友達に教えてもらったり、お手伝いしてもらっていた子も、今では年下のお友達が困っていると、すすんで教えてあげたり、助けてあげたりできるようになってきました!

そのような環境の中で、学び、生活することで、子どもたちは「責任」について学ぶことができるのです☆

↑このページのトップヘ