Hakusan International School

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。 海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。

Competence / 実力 Confidence /自信 Independence /自立
About Our School
Hakusan International School is the only primary and secondary school in the region with English as the medium of instruction and administration.
We prepare young people to enter the world of the 21st century with competence, confidence, and independence.  Hakusan International School has full-time, part-time, and specialized programs focused on students aged five to fifteen.  We are independent of any national or religious affiliation, and welcome families of any background.
Please contact us if you would like more information, and if you would like to visit the school.

Information in English(英語)
http://www.hakusaninternationalschool.com/ 

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。
海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。
当スクールでは、開校当初から 『21世紀型教育』と言われる探究型学習、体験型授業を取り入れ、受け身ではなく常に生徒主体の授業を行っています。

ホームスクールのように小さい学校ですが、その良さを十分生かし少人数制のクラスで、子供たち一人一人の個性と人格を大切にし、きめ細やかな指導を行っております。

May 2008

5月14日水曜日 晴れ

今日のアフタークラスの生徒は、Mayukoちゃん、Amiちゃん、Kodaiくんの3人でした。

いつも"Good Aftenoon."のあいさつをした後、Mr.Elwellは子どもたちに天気と時間を聞きます。

今日は、"What time is it?"と聞いたら、"Forty-four."という答えが返ってきました。

実際の時間は4時4分です。

小学1年生と2年生の子どもたちにとって、日本語でも時間を伝えることは難しいと思います。

英語で"Forty-four."と答えたことは、すごいことです。

さらに、Mr.Elwellは"It is ~."をつけて答えるように教えました。

子どもたちは"It is four oh eight."と言えるようになりました。

それから、ホームワークチェックです。

イメージ 1

イメージ 2


Mayukoちゃんがホワイトボードに日記を書いている間、KodaiくんはMr.Elwellと何かを話していました。

何を話しているかと聞いてみれば、Kodaiくんがある単語を言うと、Mr.Elwellがそれに対して単語を返し

ていました。

イメージ 4

Kodai:Ghost.

Mr.Elwell:Vampire.

Kodai:Chair.

Mr.Elwell:Table.

Kodai:Yellow.

Mr.Elwell:Brown.

Kodaiくんの口から出てくる英語を聞いていると、新しい単語が次から次に出てきます。

Kodaiくんに限らず、スクールに来ている子どもたちはどんどん語いが増えていっています。

とてもすごいことだと思います。

ホワイトボードに書いた日記を読むときも、みんな競って手を上げます。

イメージ 5

それで、Rock, Scissors and Paper(じゃんけん)で順番を決めます。

イメージ 6

イメージ 7

ホームワークのワークシートはポートフォリオというものにつづっていきます。

イメージ 3

ホームワークチェックの後は、スペリングテストをしました。

イメージ 8

イメージ 9

みんな、いい結果でした。

そして、Mayukoちゃんがピアノを弾き、みんなで"Bingo"を歌いました。

イメージ 10

イメージ 11

最後は、体の部分の名前を確認した後、Simon Saysをしました。

イメージ 12

今日もとても楽しいクラスでした。

5月12日月曜日 晴れ

今日、お天気はよかったのですが、少し寒く感じました。

Mr.Elwellがいつものように、"How is the weather?"(今日の天気は?)と聞いたところ、子どもたちは

"It's hot."(暑い)と答える子たちがいました。

子どもたちはいつも元気いっぱいで、暑く感じるのでしょうね。

そして、昨日の『母の日』には何をしたか?という話をしました。

あるご家庭では、お父さんが夕食を作ったそうです。

ステキなお父様ですね。

きっとお母様も喜ばれたことでしょう。

それから、ホームワークチェックをしました。

ホームワークチェックをしていると、いつも驚くことがあります。

スクールで習った文章やワークシートの文章をすぐにノートに書いて練習してくるのです。

ただ写しているのではなく、ちゃんと文章の内容も理解しています。

これからどんどん語い力や文章力がついていくでしょうね。

そのあとは、2グループに分かれました。

1つのグループは、Mr.Elwellが作ったストーリーを読みました。

もう1つのグループは、Feeling(感情)のカードを使って、"How are you?"の練習をしました。

最後は、"Bingo"の歌を歌って、クラスは終わりました。

クラス終了後に、スクールに来ていたMr.Elwellの友人のガートさんとケビンさんに会いました。

このスクールでは、いろいろな海外出身者の方々と会うことができます。

ほかではできない貴重な経験ができて、うれしく思っています。

先日ご家族の転勤で、アメリカ テネシー州に行かれた KankoちゃんとRyoくんのおかあさまから、大変うれしい近況報告と二人の元気な写真が送られてきましたので、ご紹介します。

みなさん、無事アメリカでの新生活がスタートされたとの報告で、私たちもとてもうれしく思います。



こんにちは。

おかげさまで、私たちは無事チャタヌーガへ到着し、新生活をスタートしはじめました。

今週は船便・航空便で届いた荷物の整理に奮闘していました。

八里台自宅の2倍はありそうな大きな家に荷物がどんどん納まり、ようやく落ち着いたような気がします。

お隣さんに、凌より少し大きい男の子が住んでいました。

2日前のこと、子供たちに名前を書いたカードをつくらせ、お隣さんへごあいさつに行きました。

玄関に出てきた男の子にカードを手渡し、「Nice to meet you.」と握手を交わしました。

教室でならったとおり、恥ずかしがることもなく、口からスラスラ出てきましたよ♪

その後、私と凌でサッカーをしていると、隣りの男の子(ジェフ君だったかな?)が、こちらを意識してチラチラ…。

凌も気になり、あちらをチラチラ…。

「「Let's play」って言っておいで」と背中を押しますが、なかなかジェフ君の
ところへ行けません。

そのうち、凌の蹴ったボールがジェフ君のところへ転がっていきました。

彼は飛び出してきてボールを蹴り返してくれ、それから2人でサッカーが始まりましたよ♪

40分ぐらい蹴り合っていたでしょうか。

花南子はローラースケートにのって、ジェフ君と凌の周りを走り、凌の代わりに話をしたり、話掛けられたり…。

とても楽しそうな3人を見ながら、「子供っていいな~」と、草むしりをしながら眺めておりました。

昨日は、小学校・中学校へ面談・手続きのアポイントメールを出しました。

小学校からはすぐに返信メールが届き、歓迎の内容にとてもとてもうれしく思いました。

来週木曜日、いただいた成績証明書を持って、訪ねてまいります♪

明日は、アトランタ日本人補習校へ初登校、1日お勉強の予定です。

日本でも毎週土曜日はフルタイムでお勉強をしておりましたから、ちっとも苦ではない様子です(笑)。

気の合うお友達ができればいいな…と願っております。

また楽しいこと、おもしろいことがあれば、報告メールをさせてくださいね。

それでは、失礼します♪



先日ご家族の転勤で、アメリカ テネシー州に行かれた KankoちゃんとRyoくんのおかあさまから、大変うれしい近況報告と二人の元気な写真が送られてきました。

Ryoくんは、早くもお友達ができたそうで、一緒にサッカーをする姿がとても印象的です。

イメージ 1


また、Kankoちゃんもとても生き生きしてとても素敵な笑顔です。

イメージ 2


二人とも数週間で何だか以前よりとてもたくましくなったように見えるのは、気のせいでしょうか ♪

おかあさまによれば、お隣のお家へごあいさつに行った時も、二人は玄関に出てきた男の子に

「Nice to meet you.」と握手を交わし、スクールの授業でならったとおり、恥ずかしがることもなく、口からスラスラ 英語が出てきたそうです。

スクールで培った自信を胸に、現地の学校でも活躍できることを期待しています!

そして、私たちはいつも二人を応援していますね。

KankoちゃんとRyoくんからの一言…。

こんにちは。うちの家のまわりには、野生のリスとうさぎがいて楽しいです。(Kanko)

英語がんばります。(Ryo)

5月10日土曜日 くもり

アフタヌーンクラスの生徒は7人。

母の日のクッキーのデコレーションから始まりました。
イメージ 7


イメージ 1


そして、母の日のカードを作りました。
みんな大好きなお母さんのためにメッセージを書いたり、絵を描いたりして、きれいに仕上げました。
イメージ 2


イメージ 3


カードを作った後は、外遊び。

Animal Tag(動物鬼ごっこ)や、Hide and Seek(かくれんぼ)をしました。

その後は、Snack Time(おやつの時間)。

そして、ホームワークチェックをしました。
イメージ 4


それから、KanakoちゃんやRyoくんにメールを送りました。
イメージ 5

イメージ 6


今日もあっという間にサタデースクールが終わりました。

また来週、彼らに会えることを楽しみにしています。

↑このページのトップヘ