Hakusan International School

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。 海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。

Competence / 実力 Confidence /自信 Independence /自立
About Our School
Hakusan International School is the only primary and secondary school in the region with English as the medium of instruction and administration.
We prepare young people to enter the world of the 21st century with competence, confidence, and independence.  Hakusan International School has full-time, part-time, and specialized programs focused on students aged five to fifteen.  We are independent of any national or religious affiliation, and welcome families of any background.
Please contact us if you would like more information, and if you would like to visit the school.

Information in English(英語)
http://www.hakusaninternationalschool.com/ 

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。
海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。
当スクールでは、開校当初から 『21世紀型教育』と言われる探究型学習、体験型授業を取り入れ、受け身ではなく常に生徒主体の授業を行っています。

ホームスクールのように小さい学校ですが、その良さを十分生かし少人数制のクラスで、子供たち一人一人の個性と人格を大切にし、きめ細やかな指導を行っております。

May 2008

5月19日月曜日 くもり

今日のクラスの生徒は、Taishinくん、Yutaくん、Mayukoちゃん、Anzuちゃんでした。

いつものように"Good afternoon."のあいさつからはじまり、天気・時間の確認をしました。

今日は曇っていたのですが、子どもたちは"It's sunny."(晴れています。)と答えました。

子どもたちは"cloudy"(曇っている)を知っているのですが、きっと"sunny"が大好きなのでしょうね。

そんな様子で答えていました。

それから、ホームワークチェックをしました。

ホームワークチェックの後は、ふたつのグループに分かれました。

ひとつのグループはGrammarのクラス。

動詞と名詞をつなげる練習をしました。

例えば、driveとa car、watchとTV、readとa bookなど。

もうひとつは、+と-を使った簡単な算数のクラス。

公立小学校の1年生のこの時期は、まだ1~10を書く練習をしていて、3+5や6+4などの計算問題は

習ってないそうです。

しかし、このスクールでは、子どもたちができることはどんどん伸ばしていくという方針で指導してます

から、6歳児でも2+3や5+1などの計算問題はもうすでに始めています。

絵が描かれたカードを使っていますので、子どもたちもすぐに理解してくれます。

今日は、あまりたくさんのことはできませんでしたが、ひとつのことにじっくりと時間をかけて取り組

むことができました。

5月17日土曜日 晴れ

イメージ 1

イメージ 2

マリーゴールドはつぼみをつけていました。


イメージ 3

ひまわりは先週に比べて、大きくなっていました。


イメージ 4

パンジーはきれいに咲いています。

5月17日土曜日 晴れ

今日のアフターヌーンクラスの生徒は8人。

まず最初に、ホームワークチェックをしました。

それから、外遊びの時間。

そして、Snack time(おやつの時間)。

おやつを食べた後は、Hang Man(ハングマン)というゲームをしました。

それから、3つのグループに分かれました。

1つのグループは、Grammar(文法)のクラス。

もう1つは、Dictation(書き取り)のクラス。

もう1つは、基本的な文章を書く練習するクラス。

これらのクラスで、よりたくさんの文章が書けるようになります。

また、モーニングクラスと同じように、+とーを使って簡単な計算練習をかねたゲームをしました。

最後は、Yukaちゃん、Amiちゃん、Naeちゃん、Yuriちゃんがピアノを弾いて、みんなで"Bingo"の歌を歌いました。

また、Mrs.Elwellがピアノを弾いて、みんなで"Old Mcdonald"の歌を歌いました。

5月17日土曜日 晴れ

今日のモーニングクラスの生徒は9人。

クラスが始まったとき、ちょうどアメリカにいるKanakoちゃんとRyoくんとスカイプで話をすることがで

きました。

KanakoちゃんとRyoくんがいるところでは、その時午後8時40分でした。

日本と13時間の時差があります。

遠く離れていても、話ができるのはすごいなぁって思いますし、Kanakoちゃんたちとお話ができて、とて

もうれしく思いました。

TakumiくんたちがKanakoちゃんとRyoくんと話をしたあと、ホームワークチェックをしました。

ホワイトボードに書いている間、待っている子どもたちはSimon Saysをしていました。

Mr ElwellのSimonのあとは、NaeちゃんがSimonになりました。

Naeちゃんはみんなにちゃんと指示を出すことができました。

日記の発表では、Yukaが修学旅行で沖縄に行ったことを話してくれました。

とても興味深いお話でした。

それから、外遊びの時間。

外ではGreen Light Red lightやAnimal Tagをしました。

ちょうどその時、お祭りの獅子舞がスクールを訪れ、子どもたちに見事な獅子舞を披露してくれました。

イメージ 1

イメージ 2


そして、Drink Time。

外遊びでのどが乾いたのでしょう。

それからMath time(算数の時間)。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


今日は+とーを使って、簡単な計算練習をしました。

最後に、AmiちゃんとYukaちゃんがピアノを弾いて、みんなでBingoの歌を歌いました。

イメージ 6

イメージ 7

2008冬学期合同プレゼンテーション終了

1月5日から始まった2008冬学期インターナショナルプログラムの合同プレゼンテーションが3月22日(土)にスクールで行われました。

子供たちはそれぞれ今学期学習した内容などを中心に、学習成果を発表。

保護者の方々が見守る中、どの子もしっかりと【英語】で発表することができました。

今学期のプレゼンテーションは、前半は普段の授業風景の一こまを再現し、子供たちの普段の授業の様子を保護者の皆様に参観していただき、後半ではそれぞれの子供たちの個人発表を参観していただきました。


Mayukoちゃん(6歳)

2006年サマースクールから入学。現在アフタースクール在学中。

当時まだ4歳だったMayukoちゃんも今では着実に実力と自信を身につけ、今学期は Mr.ElwellがMayukoちゃんのために作ったオリジナルストーリーをしっかりと発表できました。

Amiちゃん(7歳)& Naeちゃん(7歳)

2007年春学期から土曜スクールに入学。

二人ともこの3月でちょうど1年になりましたが、毎回しっかりと着実に実力と自信を身につけ、今学期は Mr.Elwellが二人のために作ったオリジナルストーリーを、一緒にしっかりと発表できました。

Yasuhiroくん(9歳)& Kodaiくん(7歳)

Yasuhiroくんは2006年サマースクールから入学。現在土曜スクール在学中。

Kodaiくんは2007年春学期から土曜スクールに入学。

二人は普段の授業もホームワークもしっかりこなし、着実に実力と自信を身につけ、今学期はMr.Elwellが二人のために作ったオリジナルストーリーを一緒にしっかりと発表できました。

Yutaくん(6歳)

2007年秋学期からアフタースクールに入学。

前学期(秋学期)のプレゼンテーションでは、緊張して普段の成果を出し切ることができなかったYutaくんも、今学期は自己紹介や自分の好きな食べ物などをしっかりと英語で発表できました。

Taishinくん(8歳)& Anzuちゃん(6歳)

Taishinくんは2005年サマースクールから入学。現在アフタースクール在学中。

Anzuちゃんは2006年サマースクールから入学。現在アフタースクール在学中。

二人は、毎日のJournal(英語日記)をしっかり書くことができるだけでなく、Readingの実力も着実に身についてきました。

今学期は、Mr.Elwellが二人のために編集した『ヘンゼルとグレーテル』を発表し、その実力を発揮することができました。

Kaitoくん(8歳)

2008年春学期から土曜スクールに入学。

この日はKaitoくんにとって初めての体験授業の日でした。最初はインターの英語だけの環境に緊張した様子でしたが、次第にリラックス・・・・友達もたくさんできてとても楽しそうでした。

プレゼンテーションも初めての体験でしたが、自己紹介や自分の好きな食べ物などをしっかりと英語で発表することができました。

Ryoくん(6歳)

2007年秋学期の10月から土曜スクールに入学。

5月からアメリカの小学校に入学。

土曜スクール入学からまだ数ヶ月しか経っていませんが、普段の授業も意欲的で着実に実力がついてきました。

今学期は、基本的な<動詞>を使い、自分のことをしっかりと英語で発表できました。

Kanakoちゃん(11歳)

2007年秋学期の10月から土曜スクールに入学。

5月にアメリカのミドルスクールに編入。

土曜スクール入学からまだ数ヶ月しか経っていませんが、普段の授業も意欲的で着実に実力がついてきました。

またホームワークのJournal(英語日記)もとても上手に書けるようになりました。

今学期は、Story Bookの中から『Rabbit and Turtle』(うさぎとかめ)を発表しました。

Shunsakuくん(10歳)

2007年冬学期から土曜スクールに入学。

普段の授業もホームワークもしっかりこなし、着実に実力と自信を身につけ、今学期はStory Bookの中から『Brown Bear, Brown Bear, What do you see?』をしっかり発表できました。

Yukaちゃん(14歳)

2006年秋学期の11月から土曜スクールに入学。

普段の授業もとても意欲的で、着実にその実力を伸ばしています。今学期は自分で英語オリジナルストーリーを書き上げ、発表するまでに実力がつきました。

Yuriちゃん(7歳)

2007年秋学期から土曜スクールに入学。

幼少期をアメリカで過ごしたYuriちゃんは、活発で何事にも積極的に取り組み、実力をどんどんつけています。
今学期は、毎日のJournal(英語日記)の中から特にYuriちゃんお気に入りの一日の出来事を発表しました。

Yukiちゃん(9歳)

2007年秋学期から土曜スクールに入学。

小学3年生までをアメリカで過ごしたYukiちゃんは、活発で何事にも積極的に取り組み、実力をどんどんつけています。
今学期は、Story Bookの中から『Little Red Hand』を発表しました。

Takumiくん(12歳)

2006年冬学期から全日制スクールに入学。現在は土曜スクール在学中。

小学4年生の時に、カナダで約4ヶ月間を過ごしたことのあるTakumiくんは、活発で何事にも積極的に取り組み、実力をどんどんつけています。

今学期は、自分で英語オリジナルストーリーを書き上げ、発表するまでに実力・自信がつきました。

Kaedeくん(8歳)

2006年冬学期から全日制スクールに入学。現在は土曜スクール在学中。

幼稚園の時に、カナダで約4ヶ月間を過ごしたことのあるKaedeくんは、兄のTakumiくんとともに活発で何事にも積極的に取り組み、実力をどんどんつけています。

今学期は、Story Bookの中から『Red Light, Green Light』を発表しました。

↑このページのトップヘ