Hakusan International School

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。 海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。

Competence / 実力 Confidence /自信 Independence /自立
About Our School
Hakusan International School is the only primary and secondary school in the region with English as the medium of instruction and administration.
We prepare young people to enter the world of the 21st century with competence, confidence, and independence.  Hakusan International School has full-time, part-time, and specialized programs focused on students aged five to fifteen.  We are independent of any national or religious affiliation, and welcome families of any background.
Please contact us if you would like more information, and if you would like to visit the school.

Information in English(英語)
http://www.hakusaninternationalschool.com/ 

2005年4月に石川県小松市に、北陸初の“英語で学ぶ”本格的インターナショナルスクールとして開校。
海外でも通用する実力、自信を身につけ、世界を舞台に活躍できる自立した子供たちを育てます。
当スクールでは、開校当初から 『21世紀型教育』と言われる探究型学習、体験型授業を取り入れ、受け身ではなく常に生徒主体の授業を行っています。

ホームスクールのように小さい学校ですが、その良さを十分生かし少人数制のクラスで、子供たち一人一人の個性と人格を大切にし、きめ細やかな指導を行っております。

May 2008

毎月、月の初めに子供たちが、取り組むプロジェクトとしてカレンダー作りがあります。

スクールでは、市販されている既製のカレンダーではなく、子供たち自身で作った手作りカレンダーをクラス内で使います。

プロジェクトは子供たちが各自分担して行います。

その月にふさわしい季節感あふれる絵を描く子や、

イメージ 1


紙にruler(定規)を使って正確にマスを図り、はさみで切って、それぞれ貼りつけ、クレヨンで日付を書いていく子供たち、

イメージ 2


相談しながらの共同作業です。

イメージ 3


そして手作りカレンダーが出来上がりました ♪

イメージ 4


時には少々、不格好な日付になったりもしてますが、それもご愛嬌なのです。

月ごとに変わるカレンダー、これがまた子どもたちにとっては、愉快で楽しいものになっているようです♪

インターネットの普及とともに、以前よりずっと世界が近くなったように感じられる今日このごろです。

先日もスクールのホームページを偶然ネットで見つけたと言うことで、アメリカ在住の女の子とそのお母様からとてもうれしいメールが届きました。

お父様はカナダ出身、そしてお母様が石川県出身のご家族で、女の子は、今11歳、アメリカのミドルスクールで学ぶ6年生です。

毎年夏休みには石川県に里帰りされるそうで、今年も6月に帰国予定だそうです。

まだご家族にはお会いしたことはありませんが、女の子のメールから伺える人となりは、明るく活発でしっかりと自立したお嬢さんのようです。

彼女はアメリカでも地元の学校や図書館、児童センターなどで何度もボランテイアとして、大人のお手伝いをしたり、小さい子供達のお世話をするなど、まだ11歳ながら実社会でとても素晴らしい体験をしているようです。

きっとご家族のしっかりとした教育方針の元で育っているのでしょう。

その彼女から石川県に帰省している間、6月下旬頃から土曜スクールやサマースクールで私たちスタッフのお手伝い(ボランテイア)をさせてほしいと申し出がありました。

もちろん大歓迎です。

当スクールでは、年齢や実力の違う子供たちが共に学びながら、お互いに教え合ったり、助け合い、いたわり合うことが大切な教育の一つでもあると考えます。

子供達が大人になり実社会に出た時、上下の年齢に関係なく人間関係を築いていかなければなりません。

従って、子供の時からそのような環境に慣れておくことは、とても大切なことだと思います。

そのためにも、スクールではただ年齢でクラスを分けることなく、年齢に関係なく縦割の教育方針をとっているわけですが、スクールの子供達にとっても、同年代もしくは、年上、年下である彼女が、私たちスタッフのお手伝いをしている姿を見て、それぞれの子供達が、彼女から大切な何かを学ぶことができて、良い意味での刺激となり、なおかつ楽しく貴重な体験になることを願っております。

5月24日土曜日 くもりのち雨

今日のモーニングクラスの生徒は、Takumiくん、Kaedeくん、Kaitoくん、Yasuhiroくん、Amiちゃん、

Naeちゃん、新入生のRinちゃんでした。

いつものあいさつの後、自己紹介の練習をしました。

それからホームワークチェックをしました。

Naeちゃんの日記では、お友だちが遊びに来たこと、Takumiくんの日記では、もうひとつの学校のテスト

のためにたくさん勉強をしていることが書かれていました。

それから、3つのグループに分かれて、アルファベットの練習と文章を作る練習をしました。

その後は、外遊びとDrink Time。

それから、体の部分と動詞のワードサーチをしました。

モーニングクラスの最後は、Simon SaysのゲームとBingoの歌を歌って終わりました。

ランチタイムの後、プラントワーク。

Takummiくん、Amiちゃんがマリーゴールドの植え替えの手伝いをしてくれました。

時期はちょっと遅いかなぁと思いましたが、Kaedeくんとひまわりの種をまきました。

芽が出るのか、まるでこれは実験のようです。

できることはいろいろと試してみたいと思います。

また観察日記のほうで、報告していきます。

スクールのみんなで、お花を大切に育てて生きたいですね。

アフタヌーンクラスの生徒は、Takumiくん、Kaedeくん、Amiちゃん、Yukiちゃん、Yuriちゃん、

Shunsakuくんでした。

また、体験で、福井に住んでいるMaoちゃんが参加してくれました。

この7月に5歳になるというMaoちゃんは、年の割にはとてもしっかりしていました。

まずみんなと一緒に自己紹介をしましたが、名前も年齢も住んでいる所もちゃんと言えました。

ホームワークチェックの後は、外遊びと20Questionsをしました。

今日からは、Snack Timeはなくなり、Drink Timeだけになりました。

だんだんおやつを食べているときのマナーが悪くなってきたからです。

それから2つのグループに分かれて、5sensesを使った文章作りと簡単な算数をしました。

そして、また2つのグループに分かれて、ワードサーチとインターネットで昆虫を調べました。

クラスの最後はBingoの歌を歌って終わりました。

来週は、Field Trip(遠足)で昆虫館に行きます。

とても楽しみですね!

英語だけで過ごす5日間!!

スクールでは毎年夏休みの サマースクール が大好評です。

午前10時から午後3時までの5時間を 英語のシャワー を浴びながら

子供たちは英語で学び、英語で遊ぶ、本格的なインターナショナルスクールだからこそできる楽しく実りの多い内容になっています。

こちらは、Summer School 2007 ある日の授業の様子です。


英語で挨拶と自己紹介、みんなとても上手にできますね♪

イメージ 7


"Let's sing a song!" さあ、みんなで英語の歌を歌いましょう♪

イメージ 8


英語で書けるかな?

イメージ 11


さあ、楽しいランチタイムです!しっかり学んで、遊んだあとはお腹がすきますね

イメージ 5


昨年は、米国ボストンの小学校で長年教師をしていらっしゃる、Vigneau先生ご夫妻をお招きして、

楽しい授業も行われました。

イメージ 1


Mrs.Vigneauは 身近にある色々なものを使って、授業を行いました。

イメージ 9


こちらはMr.Vigneau、オリジナルのカトゥ−ンキャラクターを取り入れた楽しい授業です。

イメージ 12


また米国の高校生との交流などもあって、子供達はとても楽しく過ごしました。

Mr.Elwell(校長先生)からは、コンピューターでタイピングやMath(算数)の基礎を学んだり、

イメージ 2


クッキングやスイミング、クラフトなど楽しく充実した内容でした。

オレンジゼリーに挑戦です!

イメージ 4


みんな元気いっぱい泳ぎました♪

イメージ 3


楽しいクラフトの時間です☆

イメージ 6


子供たちがコンピューターで作った作品です。とても愉快なポテトマンの完成です!

イメージ 10

5月21日水曜日 晴れ

今日のクラスは、Amiちゃん、Mayukoちゃん、Anzuちゃんの3人でした。

"How are you?"の質問に、Mayukoちゃんは"I'm sick."と答え、Anzuちゃんは"I'm tired."と答えていま

した。

ふたりともちょっと疲れているようでした。

いつものように、ホームワークチェックをしました。

みんなとてもよくできていました。

それから、like・have・play・want・useを使って、短い文章を作りました。

自分で作った文章を言うだけではなく、Lined Paper(罫線が入った用紙)に書きました。

みんなよく書けていました。

Mr.Elwellは、これらの動詞を使って毎日の日記を書くように言いました。

みんな、どんな文章を書いてくるのか、次回のクラスのホームワークチェックが楽しみです。

↑このページのトップヘ