イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨日のサタデースクールはバレンタインデーのためのクラフトデーでした。

子供たちは Mr.Elwell(校長先生)から本来のバレンタインデーの歴史的な由来を教えてもらい、男の子も女の子もみんな工夫を凝らしてそれぞれ個性的なカードを作り、交換しました。

日本でのバレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを送る日として理解されているようですが、欧米では本来、男性が愛する恋人や妻にバラの花束やジュエリーなどをプレゼントしたり、一緒に食事に行ったりします。

テーマはもちろん【愛】ですので、日本のように『義理チョコ』なるものはもちろん存在しません。

By スクールマネージャー

http://hakusaninternationalschool.com/